DJIファントム3プロフェッショナルを利用しています。

ドローン空撮 Birds Eye

機種紹介

Phantom 3 Professional(ファントム3プロフェッショナル)

無人自動空撮システムのパイオニアDJI社のPhantom 3 Professional
プロペラローターが4つの安定飛行。3軸フルHDカメラ付属のクワッドコプターの定番機種。
4K映像撮影も対応可能。GPS と GLONASS を組み合わせることで、Phantom 3 は現在位置と操縦者との関係を完全に把握。
GPS制御により精密にその場でホバリングを行い、正確な状態移動が可能です。
万が一の操縦不能な場合はリターントゥホーム機能により自動的に離陸ポイントへ帰還します。

撮影機器の紹介

ドローン空撮 Birds Eyeでは長時間のフライトご依頼にもお応えするため豊富な機材でドローン空撮を行います。
機種自体に対人保険最大1億円・対物保険最大5000万円の保険が付属しております。

Phantom 3 Professional(ファントム3プロフェッショナル)
ドローン本体
プロペラ4枚により飛行。機体底部にカメラが搭載されており、上空からの撮影を行うことができます。機体重量は1280gと軽量です。
カメラ
カメラ
12メガピクセルの写真撮影と4Kの映像撮影が可能。上空ではジンバルによりブレが自動制御され高品質な写真と映像の撮影が可能です。一度のフライトで写真撮影と動画撮影を切り替えることも可能です。
送信機
送信機
最大2kmまで制御可能(ドローン規制法により日本国内では上空150mまでフライト可能)。GPS制御により操作していない時はその場でホバリングを行う状態となり安全です。
タブレット(専用アプリ)
タブレット(専用アプリ)
撮影中はその場で上空の映像がタブレットでモニタリングされます。ご希望のアングルなどがあればお客様が操縦者へ指示を出していただき、希望通りの撮影も可能です。
バッテリー
バッテリー
リチウムイオンバッテリーにより飛行。1本で最大23分飛行可能。ドローン空撮 Birds Eyeでは10本以上のバッテリーと充電設備を完備。長時間ドローン撮影が可能です。

レーダー測位&帰還システム

機体本体はGPSにより制御されており、現在位置を常に把握しながら飛行を行います。万が一操縦不能になった場合は、「リターントゥホーム」機能を利用することで、フライト位置までGPS制御により自動帰還するので安全です。

レーダー測位&帰還システム

機種仕様詳細

Phantom 3 Professional(ファントム3プロフェッショナル)
重量 1280g ※バッテリー・プロペラ含む本体重量
機体対角寸法 350mm ※プロペラ除く
最大飛行速度 16m/s
ホバリング精度 垂直:±0.5m 水平:±1.5m
カメラ[センサー] 有効画素数:12.4M(総画素数:12.76M)
カメラ[最大静止画サイズ] 4000×3000

その他詳細はメーカーウェブサイト[ DJI公式サイト ]をご確認ください。

pagetop